内視鏡検査の紹介

内視鏡検査とは

当クリニックの胃腸科・消化器科では食道・胃・十二指腸・大腸の癌やポリープ等の早期発見を行うための内視鏡検査から内視鏡的粘膜切除、炎症性疾患の治療に力を注いでいます。
病気は早期発見、早期治療が大切、定期的な検診をお勧めします。

年間内視鏡検査件数

大腸内視鏡検査 657件
胃内視鏡検査 764件

内視鏡検査予約(曜日・担当・時間)

曜日 担当医師 時間
月曜日(毎週) 蒲池 紫乃 9:00~
火曜日(毎週) 佐藤 真二 9:00~
木曜日(毎週) 田山 千鶴 9:00~
金曜日(毎週) 佐藤 茂 9:00~
第3土曜日 前田 和弘 9:00~

※先生の都合で変更になることがございますので、そのむねご了承くださいませ。

ピロリ菌検査

内視鏡検査で、胃内視鏡検査のときに生検をして迅速ウレアーゼ試験法で感染の有無を確認します。

設備の紹介

最新の狭帯域光観察(NBI)内視鏡システム

NBI(Narrow Band Imaging)

NBI(Narrow Band Imaging)粘膜表層の血管走行が強調表示され、高精度な診断をサポートするNBI。EVIS LUCERA ELITEでは、NBIの観察深度が従来製品*から大幅に向上。遠点の部位も従来以上に明るく映し出し、より詳細な観察をサポートします。EVIS LUCERA ELITEでは、すべてのスコープと内視鏡システムがNBIに標準対応。大幅に明るく、見やすくなったNBIが、病変の早期発見にこれまで以上に威力を発揮します。

血管走行が強調表示されるNBI

血管走行が強調表示されるNBINBI(Narrow Band Imaging)は粘膜表層の毛細血管や表面微細構造が強調表示される、オリンパス独自の光デジタル法による画像強調観察機能です。
2つの狭帯域化された光が、ヘモグロビンによって強く吸収され、血管と背景粘膜とのコントラストを強調。モニター上では粘膜表層の毛細血管が茶色調に、深層血管がシアン(青緑)調に表示されます。

狭帯域光観察(NBI)内視鏡システム

狭帯域光観察(NBI)内視鏡システム

炭酸ガス送気装置

炭酸ガス送気装置大腸カメラは通常 観察するときに腸にある程度の空気を送り腸を膨らませて観察します。空気で膨らませないと、ポリープなどが発見できなくなります。しかし、この空気が多くなると検査後におなかの張りが強くなり痛みの原因になります。見落としがないようにじっくり見れば見るほど検査中に腸に入る空気が多くなります。

そこで当クリニックでは検査中、検査後のお腹の張りを軽減するために炭酸ガスを使用することにしました。炭酸ガスは空気と違い、生体内では速やかに吸収されてなくなってしまいますので検査終了後の腹部膨満感や不快感が軽減されるといわれています。

現在炭酸ガスは保険請求ができないため、装置の購入費用も、検査に使用する炭酸ガスも医療機関の負担ですので、患者様は炭酸ガスを用いたことによる追加の費用はまったくありません。

TEL:092-534-5200
胆石症に関する情報サイスタッフブログ